w w

通信教育を勉強して資格を取る

ノートと鉛筆

現代は、ストレス社会であります。
そのことは多くの人たちが、常日頃感じていることであります。
大変社会が複雑化してきて、職場や家庭においてもその問題は深刻化するばかりなのです。
そんな現状に耐えきれず人の体は無理が生じて、何らかの身体的症状や精神的苦痛を味わうこととなるのです。
そのような症状は、一刻も早く解決することが望まれるわけです。
ですか自分一人の力では、問題を解決することが不可能な場合も多々とあるものです。
そのような時には一人で悩まず、誰かの手を借りることも必要になってきます。
そこで人の心の悩みや苦しみを聞いてあげて、一緒に考え解決してくれる仕事をしている人達がいます。
その人たちは心理カウンセラーと言って、人の心の問題を一緒に取り組んでいく職業を言います。
心理カウンセラーの免許や資格を持っていなくても、その仕事に就くことはできますが多くの人はその資格を取得している人が多いのです。
心理カウンセラーの専門学校へ直接いかなくても、最近は通信教育が充実していますので通信教育で心理カウンセラーの資格をとることが可能なのであります。
最近では、通信教育を受ける人が増えてきたのです。
心理カウンセラーの通信教育は、そこの指定する通信講座を受けすべての受講が終了すると心理カウンセラーの資格を得るための検定試験が行われます。
その検定試験に合格すれば、通信教育での心理カウンセラーの資格を取得できるということです。
最近はストレスによる問題がたくさん浮上していますので、それに対応して取り組んでいきたいという人たちが増え、心理カウンセラーの資格を取ろうと通信教育で勉強している人たちが多くなってきたのです。
通信教育で心理カウンセラーの資格をとることができたならば、その資格を利用して多くの公共の場でも役立つこととなるのです。
例えば学校における生徒たちの心のケアに携わる事ができますし、職場における人間関係などにも関わっていくことができるのです。
それらの人たちもまた、その人たちの存在を必要としているのです。

資格をとりたいと考えたこと

ファイルを持った女性

子育てをしながら、勉強をと考えたとき、通信教育が思いうかんだ。
そして、資格があれば、就職にも強いかと思い、前から興味のあった、心理カウンセラーの資格を調べるようになった。
元々、保育士資格、社会福祉主事任用資格もあるので、その仕事のさらにスキルアップも目指したいと思い、心理カウンセラーの資格も持っていたら、仕事にも役立てるのかと感じている。
学校に通うとなると、子どもの預け先が困ってしまうので、通信教育であれば、自宅でできるメリットはある。
ただ、子どもが小さいので、通信教育の勉強も出来るのかという、不安もある。
通信教育にかかるお金も高額なので中々難しい面もあるとは、思う。
心理カウンセラーの資格をとる勉強は、まだまだ、先になるかもしれないが、心理カウンセラーの社会への必要は大きいと思う。
私自身も、育児で辛いときに心理カウンセラーの言葉に救われることもあった。
そういうこともあり、私も自分の子育てや仕事の経験をいかして心理カウンセラーになれたらと感じることもあり、心理カウンセラーの資格は、とても興味はある。
通信教育も色々と種類はあると思うので、下調べをしながら、自分に合う通信教育があればと感じている。
通信教育での勉強も簡単なものではないと思うし、資格をとるための努力はかなり必要とされると思う。
まして、子どもの育児や家事があるなかで自分のやるべきことを放棄して、通信教育に集中してしまうのも、本末転倒になってしまう。
家庭と勉強の両立は難しいと思うが、子どもが大きくなって、手がかからなくなり、自分の時間が持てるようになったら、心理カウンセラーの通信教育について、具体的に考えて、資格をとれたらと思う。
道のりは長くなりそうだが、今は子育てから、様々な経験を学んでいるとき、と考えその経験が、意欲となれるよう前向きにとらえていきたいと感じる。
本を読んだりする時間は少しあるので、心理カウンセラーになる予備知識や知り合いのカウンセラーの方の話も聞きながら、自分にも可能性があるのかを考えていけたらと思う。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930